ご宿泊日
から
ご宿泊日数
ご宿泊人数
/室
部屋数
  • ID・パスワードをお忘れの方
  • 予約確認・変更・キャンセル
  • 法人会員様ログイン
  • 航空券付宿泊プラン
  • 領収書発行(事前決済の方)

※予約サイト「https://secure.reservation.jp/gardenhotels/」へ移動します。

アクセス情報

ホテルスタッフ耳より情報

北海道で触れる、科学の世界

 北海道の魅力は自然や食べ物だけではありません。北海道の大都市・札幌は、学術の拠点都市でもあるのです。今回は札幌市厚別区にある札幌市青少年科学館をご紹介します。

 札幌市青少年科学館は、北方圏の拠点都市である札幌の特色を踏まえ「宇宙・北方圏・原理応用」をテーマとした博物館として、昭和56年10月に開館しました。今年の10月で開館35周年を迎えます。

 一番の魅力はなんといっても今年4月にリニューアルしたプラネタリウムです。施設規模としては道内最大級を誇り、リニューアルの際に、世界トップクラスの性能を誇る最新光学式投影機「ケイロンⅢ」を世界で初めて導入しました。4Kデジタルプロジェクターを併せて駆使し、両者が一体となって投影する「ハイブリッドプラネタリウム」では、まるで宇宙に飛び出したかのような「浮遊感」を体感できます。

 他にも、ボタン一つで地中から宇宙までを一気に移動する疑似体験が楽しい「地球エレベーター」や、自然とほぼ同じメカニズムで人工的に雪を降らせ、雪の結晶を観察できる「人工降雪装置」、さらには札幌の地下鉄の実物車両や、マイナス10度に保たれた「低温展示室」もあります。

 名誉館長である山崎直子宇宙飛行士の活動も国際宇宙ステーション滞在時に使用した実物を交えて紹介されていますので、札幌にお越しの際は、少し足を伸ばしてぜひお立ち寄りください。

札幌市青少年科学館

〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20
TEL:011-892-5001 FAX:011-894-5445
http://www.ssc.slp.or.jp/

「1日3回開催のサイエンスショーでは、8月まで“音の不思議~音・おっと・おっとっと~”と題して、知っているようで知らない音の世界を知ることができます!」
フロントスタッフ

ページの先頭へ