ホテル
ご宿泊日
から
ご宿泊日数
ご宿泊人数
/室
部屋数
  • ID・パスワードをお忘れの方
  • 予約確認・変更・キャンセル
  • 法人会員様ログイン
  • 航空券付宿泊プラン

※予約サイト「https://secure.reservation.jp/gardenhotels/」へ移動します。

三井ガーデンホテルズ > ご利用規約

ご利用規約

利用規則

当ホテルでは、お客様が安全かつ快適にお過ごしいただくため、宿泊約款第10条に基づいて、次の通り利用規則を定めております。もし遵守いただけない場合には、宿泊約款第7条により客室及び当ホテル内の諸設備のご利用をお断り申し上げることがございます。

安全と保安上お守りいただきたい事項

  1. お部屋への暖房用・炊事用等の火気及びアイロン等の持ち込みはご遠慮ください。
  2. ベッドの中など火災の発生しやすい場所での喫煙はご遠慮ください。
  3. 館内の決められた場所以外での喫煙はなさらないでください。その他火災の原因になるような行為はなさらないでください。なお、禁煙客室内で喫煙された場合は、寝具・カーテン・壁紙等のクリーニング費用その他補修等にかかる実費を申し受けます。
  4. お部屋からの「避難経路図」は各客室ドア内側に表示してありますのでご確認ください。
  5. ご滞在中、お部屋から出られる時には施錠をご確認ください。(当ホテルは自動施錠になっております。)
  6. ご滞在中、特にご就寝中はドアガード・内鍵をおかけください。ご来客があった場合には不用意に開扉なさらず、のぞき窓でご確認ください。万一、不審者と思われる場合にはフロントまでご連絡ください。
  7. ご訪問客とのお部屋でのご面会はご遠慮ください。
  8. 宿泊登録者以外のご宿泊は固くお断りいたします。
  9. 暴力団、および過激行動団体等、並びにその構成員の当ホテル利用はご遠慮いただきます。(ご予約後、あるいはご利用中にその事実が判明した場合には、その時点でご利用をお断りいたします。)

貴重品・お預かり品のお取扱いについて

  1. ご滞在中の現金・貴重品はフロントの貸金庫をご利用いただくようお願い致します。上記の手続きをおとりにならず、現金または貴重品を紛失したり破損・盗難にあわれましても、その損害の賠償はいたしかねますのでご了承ください。但し、以下の物品のお預かりはいたしかねます。
    • (1)美術品・骨董品等価値が不明瞭な品物
    • (2)パソコンや携帯電話等の、情報記録装置を有する機器
    • (3)顧客名簿等の、個人情報に関わる物品

お支払いについて

  1. 料金は、通貨または当ホテルが認めた旅行小切手・宿泊券・クレジットカードによりお支払いいただきます。ただし、ご滞在中、当ホテルからお勘定書の提示がございましたら、その都度ご精算をお願いいたします。
  2. ご予定の宿泊日数を変更なさる場合は、あらかじめフロント係員にご連絡ください。ご延長の場合はそれまでのお支払いをお願いいたします。
  3. ホテル内のレストラン等をご署名によってご利用される場合は、お部屋のキー又は宿泊カードをご提示ください。
  4. お会計は、ご到着又はフロントよりご請求をさせていただいた際にフロントにてお支払いください。
  5. 旅行小切手以外の小切手でのお支払い及び両替には応じかねますのでご了承ください。
  6. お買い物代・航空券・列車、バス等の切符代・タクシー代・郵便切手代・お荷物発送料等のお立替はお断りさせていただきます。

おやめいただきたい行為

  1. ホテル内に他のお客様の迷惑になるようなものをお持込にならないでください。
    • (1)犬・猫・小鳥等の動物・ペット類全般(但し盲導犬、介助犬、聴導犬はこの限りではございません)
    • (2)発火又は引火しやすい火薬や揮発油類および危険性のある製品
    • (3)悪臭および強い匂いを発する物
    • (4)許可証のない鉄砲・刀剣類
    • (5)著しく多量のお荷物及び物品
    • (6)その他法令で所持を禁じられているもの
  2. ホテル内で賭博や風紀・治安を乱すような行為、他のお客様に迷惑となったり不快感を与えるような行為はおやめください。
  3. 当ホテルに許可なくお部屋やロビーでの営業行為など、ご宿泊以外の目的にご使用なさらないでください。
  4. ホテル外観を損なうようなものをお部屋の窓に掛けたり、窓側に陳列なさらないでください。
  5. ホテル内で許可なく広告・宣伝物を配布したり物品の販売をなさらないでください。
  6. ホテル内で施設・備品を所定の場所・用途以外で使用したり、現状を著しく損なうようなご利用はなさらないでください。
  7. ホテル内で撮影された写真等を許可なく営業上の目的で公にされることは、法的措置の対象になることがあります。
  8. 廊下やロビーに所持品を放置することはご遠慮ください。
  9. 緊急事態あるいはやむを得ない事情が発生しない限り、ホテル従業員エリア・非常階段・屋上・機械室等お客様用以外の施設には立ち入らないでください。
  10. 不可抗力以外の事由により建造物・家具・備品・その他の物品を損傷・汚染又は紛失された場合には相当額を弁償していただくことがございます。
ページの先頭へ